起業・創業のご相談

◆会社員から起業家になると、決定的に変化することは、「給料」をもらう側から、「自分の収入」は自分で取る側になります。収入を得るには、自分が提供するサービスが買い手にとって価値のあるものでないと、誰も買ってはくれません。

 

◆「起業」とは、価値のあるものを創り、それを「売れる仕組」を創ることが起業のスタートです。

 

◆起業する前後に、起業に関連する法令・仕組や財務について、最低限知っておくことが必須です。



◆主な相談事例は、次のとおりです。

「相談サポート」をお気軽にご利用ください



起業する前

◆起業するための5つの条件とは、なに?
◆退職時の諸手続や保険・年金の切替手続は、どうすればいい?
◆起業直後の経営・財務の知識は、どこまで必要?
◆個人事業主で起業の手続と留意点は、なに?
◆起業する前のWEB戦略、なにをすればいい?
◆起業前の公的補助金の仕組みと申請の時期は、いつ?
◆補助金が採択できる事業計画書の作り方は、どうする?
◆起業のスタートは、個人事業主と会社のどちらがいい?
◆個人事業主から会社にするタイミングは?
◆株式会社と合同会社、なにが違う?
◆定款の目的は、なにを書く?、登記申請は、どうする?
◆営業許可申請の手続は、どうすればいい?
◆マーケティング・売れる仕組みは、どうすればいい?
◆マーケット・リサーチは、どうすればできる?
◆起業の成功のポイントは、なに?
◆財務・税務の最低限知っておくこととは、なに?