許認可のご相談

許認可申請においては、頻繁にある法制度改正に伴って、申請書類の変更や専門用語に関するご相談が少なくありません。

また、建設業の許可申請においては、建設業特有の会計による「財務諸表の作成」や「公共工事入札関連の書類」等のご照会が多くなっております。

やまと総合法務事務所の代表は、ゼネコンと官公庁での職歴を通じて、設計図・営繕実務・入札・契約実務・建設現場を経験してますので、建設業・宅建業・産廃業・貨物運送業・倉庫業等に関するご相談は、お任せください。

 



◆主な相談事例は、次のとおりです。

「相談サポート」をお気軽にご利用ください



◆建設工事の内容と建設業の種類の関係がわからない?
◆1式工事の許可と専門工事の許可の違いは、なに?
◆個人事業主は、経営業務の管理責任者に、どうしたらなれる?
◆当社の役員は、経営業務の管理責任者の要件をクリアできる?
◆経営業務の管理責任者の経験年数の証明は、なにが必要?
◆専任技術者は、学歴・経験年数・国家資格の要件は、なに?
◆請負工事以外の人工出しは、経験年数・金額に含められる?
◆常勤性の説明資料で、社会保険に加入していない場合は?
◆自宅を住居兼事務所としてますが、独立した営業所になる?
◆個人事業主で許可を得ているが、会社にする場合引き継ぎは?
◆決算報告は、税務での決算書の提出でよいか?
◆専任技術者を実務経験で証明する場合、どうすればできる?
◆確認資料の通帳がない場合、入金確認は、なにでできる?
◆法人化しての申請と個人事業主での申請、なにが違う?