任意・法定後見の報酬額

料金の内訳   報酬額 法定費用
法定後見の利用支援 60,000円~ ★1
任意後見の利用支援 30,000円/月~ ★2
財産管理の関連事務 15,000円/月~  
見守り支援 15,000円/月~  

★1:家庭裁判所に納める費用は、①法定後見の申立費用800円(収入印紙)、②登記費用2,600円、③郵便切手4,300円、④医師の鑑定費用(約5万円~10万円)が必要(※必要でない場合もあります)となります。

(なお、本人や申立人等の戸籍謄本や住民票等の必要書類は別途必要。)


★2:任意後見の費用は、①公証役場の手数料11,000円、法務局への印紙代2,600円及び登記嘱託料1,400円、郵送料約540円、用紙代250円/1枚×枚数が必要となります。

 なお、任意後見契約と同時に、財産管理等の事務の委任契約を締結する場合には、通常の委任契約に係る手数料・用紙代が別途必要になります。

 (本人や申立人等の戸籍謄本や住民票等の必要書類は、別途必要。) 

※戸籍謄本・住民票等の取得手数料・郵送料は別途となります。