補助金の申請支援【令和2年度版】


補助金とは、国・自治体等が給付する「原則 返済不要」の資金です。補助金は、事業展開に必要な資金を支援する制度です。

 

補助金を活用して、事業展開の必要なものを整えれば、相乗効果で事業展開が拡大し、経営の支えとなります。ぜひ、【補助金の活用】をご検討ください。

 

補助金は、財源も限られており、公募制で厳格な審査があります。このため、専門家のサポートを受けなければ、採択は難しい状況です

 

当事務所は、募集要項(申請・支給要件、助成額、採択のポイント等)をご説明し、受かる「事業計画書」の作成から申請まで、サポートいたします。

加えて、採択後の「事業実績報告書」の作成・提出までフルサポートで対応しております。

 

補助金の申請については、補助金の採択実績と申請書作成のノウハウを持った当事務所に、お気軽に、ご相談ください。(平成29・30・31(令和1年)年度について、国・東京都などの各補助金の採択実績は多数あります!)



1.起業、中小企業・小規模事業者支援の補助金(国)

中小企業・小規模事業者関係に関する主な補助金は、下記のとおり。(中小企業庁)


★令和元年度補正(令和2年実施)予算では、(1)ものづくり・商業・サービス補助金、(2)小規模事業者持続化補助金、(3)IT導入補助金が公募開始です。


(1) ものづくり・商業・サービス補助金

令和元年度補正予算・令和2年度当初予算案「ものづくり・商業・サービス補助金」

★公募開始:令和2年年3月10日(火)

★申請受付:令和2年3月26日~3月31日(1次締切)

 

◆応募案内は、こちらへ➡


(2) 小規模事業者持続化補助金

令和元年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」

★公募開始:令和2年3月10日(火)開始

★申請受付:令和2年3月13日(金)(第1回受付締切 令和2年3月31日(火)

★補助上限額:50万円、補助率2/3

 

◆応募案内は、こちらへ➡


(3)サービス等生産性向上IT導入支援事業

令和元年度補正予算「IT導入支援事業」

  令和2年3月14日 1次公募(臨時対応)公募開始!

★補助上限額:30万円~450万円、補助率1/2

 

◆応募案内は、こちらへ➡


【留意事項】

★R1年度補正のIT導入補助金は、令和2年3月13日 公募要領・交付規程・交付申請の手引を公開

詳しくは、こちらへ➡ 

★いずれの補助金申請においても、「事業計画書」等の内容が採択の決め手となりますので、早めの準備が必要です。当事務所では、採択できる「事業計画書」の作成をご支援しておりますので、お気軽に、ご相談ください。



2.起業・創業及び中小企業等への助成事業(東京都・東京都中小企業振興公社)

2020年度における主な助成事業は、下記のとおりです。

★詳細については、お問い合わせください。


(1) 令和2年度 若手・女性リーダー応援プログラム助成事業

主な申請資格:都内商店街で開業予定の個人、現在事業を営んでいない女性又は若手男性(2020年3月31日時点で39歳以下の方)

★第1回 申請エントリ-:2020年4月10日~4月30日(応募にはエントリ-必須)

  第1回応募期間:2020年5月11日~5月15日

 

 ◆(1)の募集要項は、こちら➡


(2) 令和2年度 創業助成事業(第1

主な申請資格:都内で創業を具体的に検討している個人、個人事業の開業の届出を行って5年未満の法人

 

★申請書の提出(郵送):2020年4月13日~2020年4月21日

 

 ◆(2)の募集要項は、こちら➡


(3) 令和2年度 新製品・新技術開発助成事業

~試作検討:ハードウェア・ソフトウェア・サービスの開発~(生産・量産対応は対象外)

 

★申請期間:~2020年4月6日

 

 ◆(3)の募集要項は、こちら➡


(4) 令和2年度 市場開拓助成事業

~助成対象製品の販路開拓~(2020年3月31日時点で販売可能な状況であること)

 

★申請期間:2020年2月17日~4月6日

 

 ◆(4)の募集要項は、こちら➡


(5) 令和2年度 革新的サービスの事業化支援事業

~更なる発展に向けた競争力強化、成長産業分野への参入、IoT・ロボット活用を目指す都内中小企業者等に対し、必要となる最新機械設備の購入経費の一部を助成~

 

★申請期間:~2020年4月10日案内予定

 

 ◆(5)の募集案内は、こちら➡