起業に必要な心構え

※ 当事務所作成:プレゼン資料(H29.10)の一部抜粋


【起業に求められることは、なんでしょう?】


起業する方は、みなさん、起業する前には、十分な準備と意欲をもって、スタートダッシュしています。

しかし、1年後、2年後には、息切れ気味になって、意欲が減退することもあります。

そんな時、右の「起業5つの心構え」がスタートする前に明確にして、自分のスタンスになっていれば、乗り切りできます。




【起業の成功のポイントは、なに?】


起業の成功のポイントは、1にも2にも、「事業計画書」を徹底的に練り上げることです。

これは、事業計画書には、5年先の事業規模・収支状況について、自らの手作りプランそのものです。

絵を描いたのも自分、それを実現するのも自分、甘い見通しでは絶対だめだと厳しい数字と立ち向かいながら、創り上げていきます。

起業家としての経営感覚も身に付きます。



【起業にあたって、経営の目的とは、何でしょう?】


起業になって、経営と経営の目的は、同じではありません。

「経営」とは、利益を出して、資本金を増やしていくことです。

「経営の目的」は、利益を出すだけでなく、最終的な目的が「社会(何かの)の役に立つ」ことです

役に立つことであれば、継続的な利益を生む「必要な事業」として、認められることになります。