遺言


(1) 遺言とは  

遺言とは、相続人に自分の死後に残す人生最後の意思です。

遺言書は、円満な相続争いのない相続を実現するために、必要なものです。では、どのようなときに、遺言は必要でしょうか。 

➡遺言書作成の必要性は、こちらへ 


(2) 遺言の種類

普通遺言書の種類は3種類あります。

無効にならないように注意が必要です

➡遺言の種類は、こちらへ


(3) 遺言のメリット 

①本人の意思で財産を配分でき、遺言は法定相続に優先します。

相続人の気持ちを考えながら、書く内容を検討できます。 

ただし、「遺留分」の規定がありますので、配慮が必要です。

相続人以外の第三者にも配分することができます。

③配分での争いが少なく、ご家族の円満な生活が継続します 。

相続人の間で遺産分割の話合いが不要になるため、相続人の負担軽減

(配慮ある、思いやりのある内容で相続人に本人の思いを伝えられます。)

④いつでも、変更・取消ができます。

⑤あらかじめ、「遺言執行者」を指定することができます。


【ポイント】

遺言書の「付言」(遺言書に記載されているメッセージ)で争い回避 

 自分の遺言書作成の想い・心情や相続人への感謝、願いなどを書いておきます。付言には法的拘束力はないものの、被相続人の気持ちを伝えることで、相続人間の感情的な対立を避けられることにつながります。(公正証書遺言にも付言は加えられます。)



 ※ 詳細については、お気軽に、ご相談下さい。 

📞 03-5877-6101 

📠(FAX) 03-3878-3202

メールはこちらへ